活動内容

【関西ワンディッシュエイド協会 もったいない陶器市】

現在、ほとんどの自治体で燃えないゴミとして出されている陶磁器塁は最終処分地に埋め立てられています。2006年6月、岐阜県に廃陶器を再資源化できる仕組みがあると知り、「自分の出来ることからはじめてみよう!」と奈良県生駒市の自宅前に廃陶器の回収ボックスを設置したことがはじまりです。
回収ボックスに集まった陶器の中でまだ使えそうなきれいな物を並べて、気に入ったものをもらって使ってもらうリユース運動「もったいない陶器市」も始めました。 この活動が口コミで広まり地域に浸透してゆき、近くのスーパー「ディアーズコープいこま」の店頭をお借りして「毎月10日は陶器の日」として回収と「もったいない陶器市」を行い、毎回300人近い方々にご利用いただいています。

■廃食器(不用食器)のリユースリサイクル運動

Reduce(減らす):家庭からの廃食器(不用食器)の回収運動
Reuse(繰り返し使う):「もったいない陶器市」の開催
Recycle(再資源化):廃食器の再資源化

■回収に関するお問い合わせ

生駒市活動本部

代表 樽井雅美(たるい まさみ・関西活動本部代表)
奈良県生駒市萩の台3-10-1 TEL:0743-85-6621
※生駒市で行っている行政回収は生駒市在住の方のみ利用いただけます。
【回収・リユース市】 月3回:10時?13時
南コミュニティーセンター(第1木曜日)
北コミュニティーセンター(第3木曜日)
ディアーズコープいこま(毎月10日)

奈良市支部

代表 河野和美(こうの かずみ) TEL:080-8313-8201
【回収・リユース市】 コープおしくま店(毎月第1水曜日)

高田市支部

代表 高木真美(たかぎ まみ) TEL:090-8753-9975
【回収・リユース市】 コープたかだ店(毎月10日:10時?12時)

【スイーツプロジェクト】

■スイーツプロジェクトの仕組み

地球に優しい再生菓子容器をデポジットという仕組みと共に社会に広める運動です。デポジットとは、ビール瓶や牛乳瓶のように使用後の容器をお店に持ち帰り、容器代を返金してもらうというシステムです。容器を使い捨てするのではなく、何度も利用することが環境に一番やさしいのです。カップ1個につき2円の基金を福祉施設や植林活動など環境NPOに寄付しています。

■スイーツプロジェクトの活動内容

スイーツカップについて

ワンディッシュエイドの菓子容器は20%の再生土をバージン土に混ぜて作っているリサイクル陶磁器容器です。デポジット制を導入することによりゴミを出さず再利用することを目的としています。容器のデザインも再利用しやすいようにエコデザインを追及しています。

■カップについて

リターナブル
直径/8.5cm
高さ/7.2cm
カラー/白・茶
湯飲み型
直径/7cm
高さ/6cm
カラー/白・茶
プリンカップ・プリン蓋
直径/7cm(蓋7.5cm)
高さ/5.6cm(蓋1cm)
カラー/白・茶
※カップと蓋は別売となります。プラスチック製の蓋もご用意しています。

■カップのお問い合わせについて

株式会社 ヨネヤマ FD事業部
東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 5F
TEL:03-5791-5611 FAX:03-5791-5615
ワンディッシュエイドカップ担当:稲垣 信之
E-mail:inagaki@topyoneyama.com

ワンディシュエイドカップたんじょうものがたり

ワンディッシュエイドカップのはじまりを、イラストレーター・三上 想さんがマンガとアニメにしてくれました。協会代表の樽井雅美ことマーコがワンディッシュエイドを立ち上げるちょっと前、お菓子の不用陶器との出会いからこのものがたりは始まります。

■登場人物

■作品

マンガ・ワンディッシュエイドカップたんじょうものがたり ー第1話ー

ケーキ大好きなマーコがエコにめざめるまで。要らないプリンカップはいったいどこにいくの??

マンガ・ワンディッシュエイドカップたんじょうものがたり ー第2話ー

陶器が再生できると知ったマーコ。せっかく作ってもらった再生陶器も捨てられてしまったらやっぱりゴミになっちゃう。どうすればいいの!?